オンライン診療はこんな流れです

私たちが木原先生と色々なお話をさせて頂いたころ・・・

 

「ストルバイト結石があると言われ、獣医さんから療法食を食べれば通院しなくてもいいからと言われました。どう思いますか?」

 

というご相談をして下さったお客様(ななちゃんママ様)がいらっしゃいました。木原先生の食事療法のお話をさせて頂き、早速、受診したいとおしゃって下さったので、ご紹介に至ったという経緯があります。

 

「実際、どんな風に診察するんだろう?」

「本当にちゃんと診察してくれるのかな?」

「直接診察できないのに大丈夫なのかな?」

 

オンラインは、便利ですが先生に会う事ができません。

私たちは、きちんとお会いして、しっかりお話を伺って、同じ想いを抱いて下さっている先生でなければお客様へご紹介をすべきでないと思っています。

 

しかし、先生の人柄が分からない中、大切なうちの子を委ねることには不安があるものだと思います。

そんな不安を取り去るきっかけになれば・・・と思い、ななちゃんママ様へ、木原先生とのやり取りをご紹介させて頂けないか伺いました。

「いいですよ!文章に難ありだけどー(笑)」

快くご快諾下さったので、食事療法のやり取り(抜粋)を診断サンプルとしてご紹介させて頂きます。
よろしかったらご参考になさってみてくださいね。

 

患者さん:ななちゃん(マルチーズとミニチュアダックスフントのミックス)
4才半 女の子

 

 

ななちゃんママからのメール(以降ななちゃんママ):

木原先生

初めてメールさせて頂きますななちゃんママと申します。

今回、あいな農園の白井様よりご紹介頂きご相談のメールをさせて頂きます。

犬種は、マルチーズとミニチュアダックスフントのミックスで、4才半の女の子です。(避妊済み)

生まれて1年以内にアトピーが発症し、その後3、4ヶ所の病院に行きましたが、全く良くなることはなく、飲み薬(先生が8種類の薬を調合して作っているもので名前はわかりません)が、副作用で食欲旺盛になり太ると言われましたが、その通り太ってしまい体重は7.1kgあります。

塗り薬はヒビクス軟膏とフランセチンTパウダーを使っています。

又、外耳炎がありビクタスS MTクリームを時々塗り、目は常に赤く粘着のある目やにが出てるので、朝晩ロメワンという点眼薬を点けています。

後ろ足は時々なのですが、前足は常に痒くて舐めており出血してしまうこともあります。他の部分には症状は出ておりません。

先月散歩している時に尿量が少ないと感じ尿検査を受けたところ、ストルバイト結石、結晶が沢山ありph8.3との事で、ロイヤルカナンの療法食だけを一生食べさせて下さいと言われました。

その時にアトピーの飲み薬を停止されましたが、症状は変わりません。

 

食事ですが、アトピーなので、ドッグフードの油が酸化して良くないのではと思い、ブロッコリーや豆腐、納豆、ヨーグルトと肉は鹿肉や合鴨肉、ラム肉ご飯は玄米をおかゆにして柔らかくし食べさせていました。ただ、それだけでは栄養バランスが良くないのかと思い、贅沢レシピという半生のドックフードを少し与えていました。朝晩2回とお留守番の時に馬や牛のアキレスやささみ巻きのガムを与えています。

今回療法食だけと言われ、突然それだけではかわいそうと思い、療法食を朝大さじ1.5と合鴨肉を1切れ約25g、納豆5粒玄米大さじ1、クランベリーU液を3滴、あいな農園さんのふりかけを小さじ1くらいを混ぜて食べさせてます。夜も大体同じです。

散歩の時に毎日phを計っていますが、日によって上がったり下がったりしています。

長々と書いてしまいましたが、木原先生は薬よりも食事療法で治して下さるとお聞きして、ぜひともお願いし教えて頂きたいと思いました。

 

大変失礼とは存じますが、遠方のため通院する事ができませんので、メールで失礼いたします。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

木原ペットクリニック 木原友子先生からのメール(以降木原先生):
こんにちは。初めまして。
木原ペットクリニックの木原友子と申します。よろしくお願いいたします

病気が若い時からいろいろと重なり、わんちゃんもななちゃんママ様も、ご苦労されていることと思います。

アトピー性皮膚炎に対しては、食事、シャンプー療法、漢方、外用保湿サプリメント、乳酸菌系サプリメント、最後にお薬(医薬品)等、多角的な治療を行っておりますが、今回、まずは食事に関することをお伝えしていきたいと思います。

途中でご希望がありましたら、他の治療についてもお尋ねください。また、こちらから食事以外の治療をおすすめすることもあるかもしれませんが、その際にも、率直なご希望をいただければと思います。

また、メールを中心としたオンラインでのカウンセリング、サポートをさせていただきますので、ななちゃんママ様にもいろいろとご面倒をお願いすることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

さっそくですが、追加の情報として、お手すきの時にメールにて、お送りいただきたい項目があります。

わんちゃんのお名前
わんちゃんの生年月日(不明な場合は、おおよその月まででけっこうです)
わんちゃんの写真:全身写真、顔の写真、症状がある部分の写真
療法食のパッケージ(できれば成分表と原材料の部分も)の写真
療法食大さじ1杯の重さ(g)

ひとまず以上の項目を、よろしくお願いいたします。

他にも、体質や病気の性質を判断するために教えていただきたい項目もありますが、それは次回以降少しづつお聞きしていきます。

では本題の病気と食事の話になりますが、現在の食事は、療法食を朝大さじ1.5と合鴨肉を1切れ約25g、納豆5粒玄米大さじ1、クランベリーU液を3滴、あいな農園さんのふりかけを小さじ1くらい、とのことでした。


この中で、まず納豆と玄米をお休みしてみましょう。
そして、第一段階として、療法食と、合鴨肉(あるいはメールにあった馬肉、鹿肉、ラム肉や、普通の鶏肉、豚肉、卵、魚でも構いません)のみにしてみます。

クランベーリーU液とあいな農園さんのハーブふりかけは継続していただいてOKです。

ちなみにハーブふりかけは、現在3種と4種のどちらを使われていますか?もし3種であれば、次からは4種にしてください。4種には、精神ケアと血流改善のハーブが加わっていますので、よりよいと思われます。

療法食とお肉類の量については、療法食の成分表と大さじ1杯の重さ(g)をお知らせいただき次第、計算してお伝えします。ハーブふりかけも、もう少したくさんあげてもいいと思いますので、それも合わせて計算後にお伝えしますね。
また、その他注意が必要な食材等としましては、「犬用」のおやつ類(ジャーキーや肉巻、その他どんなものも)、豆腐・納豆などの大豆製品、乳製品、半生タイプのフードは、今は与えないようにしてください。

よろしくお願いいたします。

 

確認なのですが、ななちゃんママさんの思いとしては、
「ドライフードがよくないと思うから、ドライフードを与えたくないけど、病院の先生にそれを与えないと治らないと教えていただき、不安に思いつつも、ドライフードの療法食を与えている。本当は、他の方法でストラバイト結石症が治るなら、ドライフードを与えたくない。」
というお気持ちで合っていますか?

もしそうであれば、ドライフードの療法食でなくても、ストラバイト結石症の治療は可能ですので、最初から完全手作り食のレシピのご提案の方がいいですよね。

尿石症の原因は、ズバリ、水分不足とアミノ酸(タンパク質)不足です。
念のためななちゃんママさんの返信をお待ちし、最初から完全手作り食レシピのご提案の方がよろしければ、そのようにいたします。

 

 

ななちゃんママ:

この度はお世話になりますななちゃんママです。どうぞ宜しくお願い致します。

愛犬の名前は なな と申します。
生年月日   2015年1月5日生まれ
顔と足の写真、また使用しているシャンプーと療法食の成分表の写真を添付しました。
写真はうまく撮れていないかも知れませんが、撮り直した方が良い場合は教えて下さい。
療法食の大さじ1杯は10gです(大体20gくらい出しても、3、4粒は残してしまいます)
又ななは7.1kgと肥満なので、体重を減らすために、療法食の給与量は体重6kgの目安でカロリー計算しています。
お留守番をほとんど毎日5時間くらいするので、おやつをあげるために食事量を減らしています。
ジャーキーなどのおやつを禁止との事でしたが、留守番の時にケージに一旦入り、おやつがもらえると喜んでいたものを、何もあげないとなると大騒ぎするのですが、それに変わるものは何をあげたらよろしいでしょうか?

もしくは、あげてはいけないのでしょうか?
ふりかけは現在、3種にしておりますので、次回から4種に致します。
今日の夕食は療法食、合鴨肉、ふりかけ、クランベリー液のみ与えました。

一つご質問があるのですが、夜寝る前に、はみがきガムを食べさせているのですが、それも止めた方がよろしいのでしょうか?


それから、私はドライフードを本当は与えたくありませんが、今まで獣医さんにドッグフードは完全食なので、手作り食ではなくドッグフードを食べさせて下さいと言われてきました。
いろんな本で食事療法を試みましたが、ななのアトピーは治らずストルバイト結石にまでなってしまったのは私が悪いからなのだと反省し、療法食を与える事にしたのですが、ななは今までドッグフードのみでの食事をした事がなく、全く受け付けなかった事とこんな食事ではかわいそうと思ってしまい、木原先生に完全手作り食を教えて頂きたいと思いました。

乱文ですみません。
お手数をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

木原先生:

追加の情報、ありがとうございます。

ストラバイト結石症の原因は、しつこくてすみませんが、水分不足と、タンパク質不足です。
水分とタンパク質を同時に摂ることができる「骨スープ」のレシピをお伝えしますので、作ってみてください。
ストラバイト結石症に関しては、骨スープだけで改善する可能性があります。

また、皮膚に関しては、完全手作り食のレシピの作り方をお伝えしますので、そちらも無理のない範囲で試してみてください。

おやつ(ジャーキー)の件ですが、こちらもパッケージをお送りいただけますか?原材料と成分表のところもお願いします。ジャーキーも手作りできますので、作り方をお伝えしますね。

それからシャンプーの件ですが、これは手作り食を試していただいた後でも構いませんが、皮膚にも自然原料を使ったケアの仕方を推奨しています。それについても、お伝えしていきます。

このメールではまず、骨スープと、完全手作り食のレシピの組み立て方をお伝えしたいと思います。

歯磨きガムは、とりあえずそのままのものを続けてください。

手作り食をして改善すれば、それでいいですし、よくなければ、ガムも含めてもう一度考えてみます。

では、骨スープの作り方です。添付資料をご覧ください。

スロークッカーという調理器具を使うと、炊飯器のようなイメージで、つまみを回すだけで、そのまま24時間続けてじっくり煮ることもできます。

次に、手作り食のレシピです。
今作成しています。時間かかりそうなので、ひとまずここまでで送ります。

 

(添付ファイルあり:骨スープの作り方) 

 

 

ななちゃんママ:

スープの作り方などPDFを添付して詳しく教えて下さりありがとうございます。
今まで、豚の骨を圧力鍋で柔らかくして骨ごと与えた事はありましたが、スロークッカーと言うものは知りませんでしたので、本日ネットで購入致しました。
骨スープのスープは好きなだけ与えて良いとの事ですが、肉は何グラムくらい与えて良いのか教えて下さい。
おやつの写真を添付致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

(添付ファイルあり:おやつ3種類のパッケージと原材料・成分表示の写真)

 

 

木原先生:

ジャーキーですが、1枚目の写真のものはよさそうです。原材料が「鳥すじ肉」と書いてあるものです。
それ以外の物は、添加物が多く、発がん性や毒性が懸念されているものも入っていますので、やめておいた方がいいと思われます。

お肉は、1日分の食事として、180g与える必要があります。
今、詳細な献立表やレシピをわかりやすくまとめていますので、もう少しお待ちください。

 

 

ななちゃんママ:

お返事ありがとうございます。
先ほど、先生が与えても良いと仰って下さったおやつのアキレスは、ななの1番の好物ですので良かったです。他のものは止めます。
お肉の量が180gと多いことに驚いております。
ななは、肥満ですがそんなにあげて大丈夫なのでしょうか?
献立表など、お忙しいところ申し訳無く、急ぎませんので先生のお時間のある時にお願い致します。
お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

 

 

木原先生:

取り急ぎ、完全手作り食の説明スライドファイルを添付します。
ご確認いただき、質問、疑問、ご希望等、また何でも聞いてください。

肥満と食事の関係も、いろいろとご説明させていただくことが多いのですが、一番驚くのは、タンパク質や脂質は肥満の原因にならないということです。
特にタンパク質は、決して肥満の原因にはなりません。

犬のダイエットの調査では、高たんぱくフードを食べた犬のグループが、最もダイエットに成功したという調査があります。ですので、まずは、必要なタンパク質をしっかりと摂ることが大切です。

次に、一番肥満の原因になるのは、炭水化物です。
炭水化物を体の中で処理するために、たくさんのビタミンやミネラルや、その他の栄養が必要となります。
必要な栄養が、炭水化物の処理のために使われてしまうと、どういうことが起こるかというと・・・
体の中で必要な他の働きが、ちゃんと働かなくなってしまいます。
脂質を処理して不要な分を外に出す働きも弱くなります。

ですので、最近は、人間の方でも、栄養過多が肥満の原因ではなくて、「栄養不足」が肥満の原因となっていると言われています。

わんちゃんたちにも同じようなことが起きていて、この前も、ダイエットしようと思ってダイエット食を食べたり、フードを減らして野菜をたくさんあげているのに、やせるどころかどんどん太っていくという飼い主さんのお悩みがありました。

「食べる量を減らして野菜をたくさん食べる」という方法では、ダイエットはできません。
炭水化物に加えて、多すぎる繊維質も、栄養不足に拍車をかけることになります。

というわけで、タンパク質やビタミン・ミネラルを新鮮な食材から自然な形で十分に摂取して、体に負担をかける炭水化物を減らし、繊維質も適正な量まで制限することが、ダイエットには最重要事項となります。

カロリーや量というのは、実はダイエットには関係ないというか、むしろ少ない方が栄養不足による肥満がさらに進んでしまうということになりますので、しっかりといい栄養を摂っていただければと思います。

 

レシピや献立表通りでなくても構いませんので、よろしければ、お肉180g+野菜50g〜60gの食事を1週間続けてみて、1週間後の体重と、尿pHを教えていただけますか?
その結果を見て、調整が必要であれば、調整していきます。
また、その間何かあれば、いつでもご連絡ください。

 

(添付ファイルあり:ななちゃん用献立表とレシピ例スライド)

 

***このような流れで、メールでの診察が続きます(省略)****

 

ななちゃんママ:


大変お世話になっております。ななちゃんママです。
1週間食事療法のご報告です。
体重は7.1kgから6.9kgに200g減量致しました。
ただ少し夏バテなのか、ここ3日間は食べる量が朝晩とも3割くらい残しておりました。
又、骨つき肉のすごく柔らかくなって形が残らないくらいのお肉があまり好きではないようで、結構残していました。
骨スープはスープだけでは飲まないようです。
それからふりかけですが、今まで食事には混ぜずに食後にお皿に盛っておやつ感覚で食べていたので(食べない時もあります)食事に混ぜるのを好まないようです。

尿phですが、日によっても時間によっても変わりますが、だいたい7.0までいかない事がほとんどです。
今日の朝は、6.6でした。

今後、食事量を減らした方が良いのか迷っています。
必ず食べ残してしまい、捨てる事になってもったいないと思っています。食事量を減らすとしたら
どの程度減らしても良いのか教えて下さい。
 

 

 

木原先生:

こんばんは。メールありがとうございます。

ごはんを残してしまうとのこと、3割減で作ってみていただいてOKです。
もったいないですもんね!本当に。

ふりかけも、今までどおり、おやつ感覚でごはんには混ぜずに食べていただいても、OKです。

骨スープのやわらかいお肉はどうしましょう・・・
ちょっと様子を見て、ななちゃんにはしばらくあげずに、人間がスープやカレーにして食べるというのはいかがでしょう・・・?お肌の調子がよくなると思いますよ。

スープの方は野菜やお肉を煮る時に使っていただくと、やはりコラーゲンが摂れていいんじゃないかと思います。無理はされなくていいですが・・・。

体重と尿pHの感じはいいですね。

夏バテについてですが、漢方でも対応できますが、薬膳でも対応できます。

たんぱく源のお肉に、豚肉か卵を意識して多めに使用してみてください。

豚肉と卵は、滋潤作用があり、体をうるおします。

野菜にはやはりきゅうりやズッキーニ、トマトなどの夏野菜がgoodです。

スイカもいいですよ。スイカは、皮の近くの白い部分も野菜として使えます。

人も、スイカの白い部分をサラダにして食べることができます。

これらの野菜も体をうるおし、熱を冷ましてくれます。

 

 

*******

 

なんとなくイメージをつかんでいただけたでしょうか?

食事療法を始めたばかりの頃は、ちょっとしたことも気になったり、分からなくて当たり前だと思います。

ななちゃんママ様からも
 *おやつをプラスした場合の量はどうなるのかな?
 *この日の献立にこういうものをプラスしても大丈夫? など

レシピ提案後にも、率直なご質問をたくさん送って頂きました。

そして、ななちゃんの便の変化やママが感じるご様子などもお知らせ下さったので「ごはん献立表とレシピの再修正」もありました。

 

木原先生も「どんな些細なことでも、質問しずらいことでも聞いて頂く方が治療への近道になるので」とおっしゃっているので、ご利用される方は、遠慮せずにご質問なさってくださいね!

 

*******