身体の仕組み

みなさんは何のために食事をしますか?
「生きる」という基本的な生理的欲求を満たす手段が食事です。
そして、身体は、「消化・吸収という仕組み」を通して、食べ物によってつくられています。

口、食道、胃、腸などのすべてを消化管といいます。
食べ物は、この消化管に入っただけでは、そのまま吸収することはできません。


口の中の唾液(酵素)で最初に分解され、食道から胃へ運ばれます。
そして、胃液(酵素)によって、ドロドロの状態へ変化し、小腸での消化・吸収に備えます。
小腸は、十二指腸、空腸、回腸から構成された長い消化管で、ドロドロ状態になった食べ物をさらに消化し、次の段階(吸収)へ備えます。
十二指腸では、胆のうとすい臓が活躍。胆汁(酵素)と膵液(酵素)が分泌されさらに小さな分子(吸収できる状態)へ変化させます。
すい臓から小腸に分泌される消化酵素の代表は、アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼの3つです。
栄養素は空腸→回腸と進む中で、糖質はアミラーゼによりブドウ糖に、たんぱく質はプロテアーゼによりアミノ酸に、脂質はリパーゼにより脂肪酸とモグリセリドヘへ分解され、栄養は小腸の絨毛(管)から毛細血管を通って吸収されます。


このように、口から取り入れた食べ物は、大きいままでは吸収できないので、体内の酵素によって「大きい分子→小さい分子」へ変換されます。

そして、初めて「身体の中」へ栄養として吸収できるようになります。
このように身体の中の「酵素」の“見事なまでの連携プレー”によって、食べ物は有効活用されています。

身体は人間が作り出したロボットではありません。ある意味、自然界が作り出した自然のものです。
こんなに見事な連係プレーをしてくれる身体の酵素は、自然界からの恩恵なのだと感じています。